2018/07/21

目黒美術館  フィンランド陶芸展へ

 フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 

Michael Schilkin ミハエル・シルキン の動物シリーズがとっても良かった。特に寝てるクマ。フクロウや寝そべってる猫も。あーこんな感じでペタッとしてるなーと。陶芸なのにふにゃっと柔らかそうな猫。ずっしりした感じのうさぎも可愛かった。


特徴を捉えつつ省略の形が絶妙。


展示してあったモノクロ写真の簡単スケッチ。
ロシアの方でボートが難破した事がきっかけでフィンランドに移り住み、
アラビア社で働いていたそうです。


器や花瓶も素朴な柄が良かった。
ネットでみてかわいいなと思った花瓶の柄はよく見えるとハスの花。 

オレンジの花のシリーズも可愛かった。素敵な色合い。形が面白い物も。

ざっくりした線の風景の絵の器も良かった。こんな絵付けしてみたいな。

シンプルな器作品はさらっと見ただけだけど、こういうものは料理を載せたり、普段使う中で日々幸せを感じることができそう。

次の部屋に移る途中、椅子に座ってのんびりおしゃべり。向こうに見える三羽のとりを眺めつつ。

空いている美術館はゆったりと気持ち良くかった。



お茶した後、見上げればピンクの空。
最近は夕焼けがきれいですね。